クラブについて

「波田コミュニティデザインクラブ」これまでの実績

 

1.買い物(交通)弱者対策

2010.
旧波田町時代の福祉バスを復活させてほしいという地区の高齢者の声を受けて、あやぱんが発起し、地域内循環バスの勉強会と財源の研究を開始。
 
2013.
3年の歳月を経て、現在、波田のまちづくり協議会により運行が開始されている。
 

2.波田チャンネル

2014.10
波田ラジオステーション実行委員会発足
 
2015.4
FM79.1(FMまつもと)にて
波田の情報番組『波田79.1』スタート! 
毎週金曜夕方6時~6時15分 
プロデューサー:小林あや 
パーソナリティ:川澄巴里人、下地尚子
 

3.波田地区住民の声を市政に届ける

2014.
波田住民の悲願であった「松本市立病院の建設候補地を波田に!」という声を受けて、毎年直接の意見交換会を実施。現在、市議会の承認を得て、波田地区に病院を残すという方向で計画が進んでいる。